ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.12.31 Monday

Activities in 2012

 JADの活動にご協力いただきました方々へ

For those who have supported JAD

 

本年もJapan Art Donationにご理解、ご協力をいただき誠に有り難うございました。2013年を迎える現在、東日本大震災から2年弱経ちましたが、被災地ではまだまだ復興は順調に進んでいるとは言えません。そうした中で、文化、芸術は日々不安や辛い思いをされている人々の気持ちを少しでも和らげる意味でも重要な役割を果たしています。
2012年のJapan Art Donationでは、アーティスト小沢剛が福島県立美術館でおこなったプロジェクト「あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き」と、大船渡市で開催された「やっぺし祭」を支援対象として決定し、各50万円の支援をさせていただきました。

We truly appreciate your continuous support for Japan Art Donation in 2012. We are now about to shift to 2013, and almost 2 years have passed since the disaster struck the Tohoku region. However in the affected areas, even 2 years on, the path to recovery seems to be full of obstacles. In such a context, art and culture are playing an important part by bringing emotional relief to those who are experiencing daily insecurity and frustration.

In 2012, Japan Art Donation decided to support the recovery effort by donating 500,000 yen to each of the following projects : « Just the way you like someone, everybody likes someone », a project made by the artist Tsuyoshi Ozawa at the Fukushima Prefectural Museum of Art, and « Yappeshi Festival » which took place in the city of Oofunato.


あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き」は放射線量が高く外で遊べない福島市の子どもたちが、屋内で思い切り遊べるための遊具/作品を美術館内に設置したプロジェクトです。

The project « Just the way you like someone, everybody likes someone » provides play equipment/art works to the children of the city of Fukushima who cannot play outside because of the high radioactivity, and lets them have a great deal of fun inside the museum.




「やっぺし祭」は岩手県大船渡市の仮設商店街を会場に、アーティストやデザイナー、その他有志がワークショップを中心におこなう賑やかな文化祭的なお祭りです。

The « Yappeshi Festival »  is a street festival taking place in the temporarily reconstructed shopping area of the city of Oofunato in the prefecture of Iwate. Similar to a school cultural festival, it features workshops organised by artists, designers and other volunteers.




来年も皆さまからお預かりしたご寄付を有意義に使っていけるよう、引き続き現地の情報やニーズの調査をおこなっていきたいと思います。
2013年もJapan Art Donationの活動にご協力いただきますようお願いを申し上げるとともに、皆様にとって2013年が幸多き年になりますよう心からお祈り申し上げます。


In order for us to use the donations in the most meaninginful way, we are willing to keep on gathering information about the stricken areas and investigating people’s needs.

We are hoping for your continuous support in 2013 and we wish you all the very best for the coming year.

Japan Art Donation
代表 窪田研二
Kenji Kubota


2011.12.31 Saturday

Greetings

 

JADの活動にご協力いただきました方々へ

 

本年はJapan Art Donationの活動にご協力いただき、まことに有り難うございました。

3月11日の東日本大震災以降、被災地ではボランティアをはじめ、国内外からの援助とともに復興に向け、少しずつ歩みを進めています。

私たちJADでは、皆さまよりのご寄付をいただきました約600万円のうち、「プロジェクトフクシマ!」と「石巻ワンダー横町」に各50万円の助成をさせていただきました。

被災地の復興までは、まだまだ時間を要すると言われています。それまでJADではアートを介した復興支援活動を微力ながらサポートしていく所存です。来年も皆さまからお預かりしたご寄付を有意義に使っていけるよう、引き続き現地の情報やニーズの調査をおこなっていきたいと思います。

2012年もJapan Art Donationの活動にご協力いただきますようお願いを申し上げるとともに、皆様にとって2012年が幸多き年になりますよう心からお祈り申し上げます。

 

Japan Art Donation

代表 窪田研二





For those who have supported JAD

 

We would like to express our heartfelt gratitude to those who have supported us in 2011.

Following the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, thanks to the numerous volunteer initiatives and the precious assistance from Japan and abroad, the areas hit by the disaster are starting to recover little by little.

 

Out of the 6 000 000 yen of donations that we collected thanks to your generosity, JAD decided to support two projects :"Project Fukushima !" and "Ishinomaki Wonder Yokocho" by providing an 500 000 yen grant for each.

 

 It is said that the stricken areas still need a lot of time before to recover. It is our sincere desire to do the best of our humble ability to keep on supporting the reconstruction efforts through art. In 2012, in order to make the most meaningful use of your generous donations, we will continue to gather information and to research about the needs of the local inhabitants.

 

We hope to benefit from your continued support for Japan Art Donation in 2012, and we sincerely hope that the coming year will be filled with happy news for you all.

 

Japan Art Donation

Founder, Kenji Kubota


2011.06.20 Monday

JAD supports 2 projects

Japan Art Donationでは支援先を慎重に検討した結果、いただいた寄付金の一部を下記2プロジェクト支援に使用することを決定しましたのでご報告申し上げます。


その他の支援先については引き続き検討を重ねていますので、決定した段階で随時ご報告させていただきます。


After thoughtful consideration as to who would benefit from the funds raised, Japan Art Donation has made the decision to use a part of the donations gathered in order to support the two projects below.

 

Regarding other future beneficiaries, we will continue to examine the best options, and we will keep you informed as the situation develops.

 

.........................................................

 

1 プロジェクトFUKUSHIMA! 

 

『プロジェクトFUKUSHIMA!』は、「故郷を失ってしまうかもしれない危機の中でも、福島が外とつながりを持ち、福島で生きていく希望を持って、福島の未来の姿を考えたい。」という意思のもと、福島出身の音楽家の大友良英、遠藤ミチロウ、詩人の和合亮一が代表となり始まりました。今年815日に福島市の四季の里をメイン会場として開催される音楽を中心とした「フェスティバルFUKUSHIMA!」をはじめ、過酷な福島の現状とどう向き合い、どう生きていけばいいのかなど、切実で根源的な問いを一緒に考えていく「スクール FUKUSHIMA!」、フクシマの現状を福島から世界に発信する独自のインターネットTVDOMMUNE FUKUSHIMA!」など、様々なプロジェクトを長期的に展開していきます。

 

主催:プロジェクトFUKUSHIMA! 実行委員会

プロジェクトFUKUSHIMA!
ウェブサイト:
http://www.pj-fukushima.jp
Japan Art Donation支援額50万円)



1.  Project FUKUSHIMA!

 

"Project FUKUSHIMA!" started on the initiative of two musicians, Yoshihide Omoto, Michiro Endo and a poet, Ryoichi Wago, with the will to " sustain the links with the outside, keep the hope of a life in Fukushima, and think about the future of Fukushima, even while in danger of losing our hometown."

Starting with the "Festival FUKUSHIMA!" converging around music and taking place mainly in Fukushima city "Village of Four Seasons" on August 15th of this year, they will also organize various projects in the long term, such as "School FUKUSHIMA!", an institution aimed at thinking about these compelling and primordial questions namely how to face Fukushima's severe situation, or how to deal with daily life. Another project would be a Fukushima original internet broadcast "DOMMUNE FUKUSHIMA" that will inform the rest of the world of the situation in Fukushima.

 

 Organizer: Project FUKUSHIMA! planning committee

Project FUKUSHIMA!

Website: http://www.pj-fukushima.jp

(Amount donated by Japan Art Donation in support of Project FUKUSHIMA!: 500,000 yen)

 












2 石巻ワンダー横丁

 

『石巻ワンダー横丁』は「未来へ号」で被災地と関東を往来しながらボランティア活動に関わっているアーティスト遠藤一郎や安土早紀子、梶原千恵らの発案により、地元の手伝いをする関わりあいの中で始動しました。宮城県石巻市の中心部にある商店街の店舗のシャッターに絵を描いたり看板を作ったりしています。こうした活動の第一歩として、地元のアーティストを含めたアーティスト達と石巻の人達が主体となり、商店街に点々と場を設け、展示、発表の他、寄合所、ワークショップなど幅広い交流活動を行なっていきます。またシャトルバスがそれぞれの地域の人達を乗せ、横浜、東京と東北を往復運行します。東京、横浜からはアーティストの他、一般のボランティア希望者なども乗せていきます。アーティストだけでなく誰でもそれぞれの出来る事を活かし、元気復興への協力を行ないます。

 

主催:石巻ワンダー横丁実行委員会(仮)

Japan Art Donation支援額50万円)



2. Ishinomaki Wonder Yokocho 

 

"Ishinomaki Wonder Yokocho" was initiated by Ichiro Endo, Sakiko Azuchi, and Chie Kajiwara, while they were involved in helping people living in the areas stricken by the disaster. Ichiro Endo had been volunteering while going back and forth in his “Go For Future” vehicle between Kanto and those areas. They are making signboards and painting the shutters in the shopping area located in the center of Ishinomaki city, in Miyagi prefecture. And this is the beginning of this project revolving around the people of Ishinomaki and in collaboration with artists including local artists. It aims at creating places in the shopping area and organizing a wide range of activities for people to interact such as exhibitions, showcases, gatherings and workshops.

Also, a shuttle bus will make round trips between Yokohama, Tokyo and Tohoku with people from each region on board. Other than artists, the bus is also driving ordinary people from Tokyo and Yokohama who are willing to volunteer. This project helps with the revitalization of the stricken areas not only through the collaboration of artists but by making use of everybody's potential.

 

Organizer: Ishinomaki Wonder Yokocho planning committee (tentative)

(Amount donated by Japan Art Donation in support of Ishinomaki Wonder Yokocho: 500,000 yen)



 





2011.06.07 Tuesday

Charity Exhibition by Mizue Ogiso

◇ 横浜で開催されている小木曽瑞惠さんの個展「左見右見(とみこうみ)」。
会期中に行われるワークショップの参加費を全額Japan Art Donationにご寄付いただきます。

Solo exhibition at Yokohama Bay Quarer by Mizue Ogiso.
All the sales of the workshop will be donated to Japan Art Donation.



 ”Gallery Box Exhibition vol.20” 小木曽 瑞枝「左見右見(とみこうみ)」
会期:2011年6月2日(木)~2011年8月28日(日)
時間:11:00〜23:00
会場:横浜ベイクォーター「ギャラリーBOX」(神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10)
         JR・私鉄各線横浜駅「きた東口」からベイクォーターウォークで徒歩3分
        「東口」よりそごう2階経由で徒歩7分
 
www.yokohama-bayquarter.com 

主催:横浜ベイクォーター■企画:キュレーター 芹沢高志(P3 art and environment)
         アシスタントキュレーター 吉岡理恵 糟谷健三
お問合せ:P3 art and environment  
gallerybox@p3.org

■ワークショップ「ひかる!ブローチをつくろう。」
http://tomi-koumi.tumblr.com/

【企画概要】

季節ごとに感度の高いアート作品を紹介していく横浜ベイクォーター「ギャラリーBOX」。
20回目にあたる今期は、風景の観察を通した独自の視点で物語を構築し、ファンタジーとリアリティーの狭間にある世界を表現する小木曽瑞枝を紹介します。

「左見右見(とみこうみ)」とは、右をみたり左を見たり、あちらこちらを見ること。平面と立体を組み合わせて構成した空間は、視点を変えてみることでさまざまな表情をみせます。木製のパネルをくり抜いてつくられたオブジェは、自分の半径1m程の視界にある小さな発見を集積たちだと彼女はいいます。『どこかの風景』だけれども、どこでもないどこかの場所。3.11の大震災は私たちの日常、価値観を大きく変えました。本展タイトルに今回彼女が選んだ「左見右見」ということばは、情報に翻弄される私たちの姿とも重なります。どこか欠けた風景は、これから再生されていく未来の風景を思わせます。
なお、7月9日(土)には小木曽瑞枝+池田光宏による”ひかるブローチ”を制作するワークショップを開催予定です。詳細は横浜ベイクォーターウェブサイトにて後日発表致します。

【ギャラリーBOXについて】

横浜ベイクォーターの3・4・5階通路壁面にて展開されているパブリックなアートギャラリー。
全部で27個のBOX空間を用いて、季節ごとに感度の高いアート作品を展示・紹介しています。

2011.05.15 Sunday

Visiting Fukushima City

 

福島市を訪問し、福島大学准教授でアーティストの渡邊晃一さんにお会いして色々お話しを伺いました。福島第一原発から50kmの福島市は地震の被害もあったものの、原発事故の影響がより大きいようです。

渡邊さんは国内外のアーティストや美術関係者に声をかけ、「アート鯉のぼり」を企画しました。思い思いのデザインやメッセージを書き込まれた鯉のぼりが、街中に数百と展示されています。

今後は福島から発信する文化が必要だ、という渡邊さんの強いお考えには大変共感しました。

その他に福島県立美術館の学芸の方々とお会いしてお話しを伺ったのち、避難所として現在も700人の方々が暮らす総合運動場に行って現状を視察しました。


Japan Art Donation
としても福島の文化発信のお手伝いを微力ながら出来るように現在検討をしています。



We visited Fukushima City and met Mr. Koichi Watanabe, artist and associate professor of Fukushima University. Fukushima City is 50km away from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant and also many buildings are damaged by the earthquake.

Mr. Watanabe asked artists in and out of Japan to make their own carp streamers and several hundred streamers were exhibited in the city. We do agree about his strong belief that it is important to send out the messages and cultures from Fukushima.

We also met curators at Fukushima Prefectural Museum of Art and discussed about the situation.

Later we went to the prefectural gymnasium where about 700 people still live as an evacuation area.

Japan Art Donation is considering support to the projects in Fukushima.

 









2011.04.30 Saturday

Silent Auction in Long Island City, New York


◇大岩オスカール幸男などニューヨークのアーティストが集まり、被災地のためのチャリティ展を開催しました。
この日に集まった$1,620を全額Japan Art Donationに寄付して下さるそうです。
当日の様子はこちらでご覧いただけます。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ps8_eBcJ6p8

主催:Artists for Japan
参加アーティスト: Oscar Oiwa, Conway Liao,Chie Shimizu, Keigo Takahashi, Nickola Pottinger, Jeff Barnett-Winsby, Hiroki Kobayashi, Kathrin Hunger, Misaki Matsui, Bess Adler and Jude Amsel.



◇Charity Silent Auction was held by Artists for Japan at  Long Island City, New York.

Organized by Hanifa Scully, Oscar Oiwa and Cherie Aarts Coley.
Artists: Oscar Oiwa, Conway Liao,Chie Shimizu, Keigo Takahashi, Nickola Pottinger, Jeff Barnett-Winsby, Hiroki Kobayashi, Kathrin Hunger, Misaki Matsui, Bess Adler and Jude Amsel.

Private event, Long Island City, New York. Evening fund rising total :$1,620 Amount will be deposited to Japan Art Donation.

<http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ps8_eBcJ6p8>

2011.04.25 Monday

Visiting Tohoku Area

2泊3日の駆け足でしたが、JADスタッフとともに東北に行ってきました。
現地で会ったアーティストの皆さん、地元の方々のお話しを聞き、今後のJADの活動に役立てたいと思っています。

 仙台(泊)→石巻→石巻専修大学(ボランティアセンター)→女川→南三陸→一関(泊)→大船渡→陸前高田→気仙沼

We visited Tohoku for 3days to see the situation of the stricken area.
JAD would like to refer to the opinions of  local artists and people we met there on our activities.

Sendai→Ishinomaki→Volunteer center→Onagawa→Minami-sanriku→Ichinoseki→Ofunato→Rikuzen-takada→Kesennuma
 




















































































































2011.04.16 Saturday

Art for Tomorrow

◇平素からJapan Art Donationにご協力、ご支援いただき有り難うございます。


4月9日〜14日の会期でトーキョーワンダーサイト渋谷にてチャリティ展「Art for Tomorrow」を開催いたしました。

55人のアーティスト、20軒のギャラリーのご協力により、約90点の作品を展示、販売いたしました。

また会期中には、青山悟、秋吉風人、榎本耕一の公開制作や、流麻二果、さとうりさによるワークショップ、ニブロールによるダンス、HITOTZUKIによるライブペインティング、宮沢章夫、坂手洋二、高井浩子、矢内原美邦による朗読会など、ジャンルを超えた多くの表現者の方々に参加いただきました。

「Art for Tomorrow」展は、おかげさまで多くのお客様にご来場いただき、会期の5日間で入場者数は 670人、ご出品いただいた作品の売上代金、公開制作売上げ、および募金の総額は 1,848,243 円となりました。
これらは全額Japan Art Donationに寄付をさせていただき、芸術、文化を通じた被災地、被災者の方々への支援活動に活用して参ります。

お寄せいただいた多大なるご厚意を有意義なかたちでお届けできるよう、被災地の情報収集や状況分析、検討を重ね、具体的なアクションプランを策定していく所存です。

今後ともJapan Art Donationにご支援いただきますよう、心よりお願い申し上げます。



◇First of all, we would like to express our most sincere appreciation for your cooperation and support to Japan Art Donation

From April 9th to 14th we have held a charity exhibition “Art for Tomorrow” in Tokyo Wonder Site Shibuya for which, thanks to the collaboration of 55 artists and 20 galleries, about 90 artworks were exhibited and available for sale.
Also, during the period of the exhibition, many genre-crossing artists and creators participated in setting up workshops, dance performances, live painting, recitals, etc.


We are proud to announce that the “Art for Tomorrow” exhibition attracted as many as 670 visitors during the 5 days, and that the proceeds from the sale of the presented artworks, the on-site creations and the donations reached a total of ¥1,848,243.
The totality of the amount will be donated to Japan Art Donation, in order to pursue our activities towards supporting the victims of the earthquake and the disaster-stricken areas through art and culture.


In order to respond to this considerable generosity in the most meaningful way, we are gathering information and analyzing the conditions of the afflicted areas with a great deal of consideration, so as to implement a concrete action plan.
 
We look forward to your continued support to Japan Art Donation in the future.
 




































2011.04.15 Friday

Japan-Spenden-Abend in Düsseldorf

ドイツ、デュッセルドルフで3月29日に開催されたアートチャリティでは196人のアーティストが参加し、日本の被災地支援のために作品を提供しました。
450人以上の方が作品の購入や寄付をおこない、合計約22,200ユーロが集まりました。
集まった募金は全額Japan Art Donationにご寄付いただき、4月12日付で当該口座に入金いただきました。
本チャリティ展を企画されたKatja Stukeさん, Oliver Sieberさん, 志田美知子さん、作品を提供していただいたアーティストの方々、そしてご寄付をいただきました皆さまに心より感謝申し上げます。

下記リンクにて当日の様子をご覧いただけます。

http://www.boehmkobayashi.de/JapanSpendenAbend/


Charity exhibition was held in Dusseldorf, Germany on 29th March and 196 artists donated their works to support the stricken areas in Japan.
More than 450 people bought works or donated money and about 22,200EUR was collected.
We are grateful  to Katja Stuke, Oliver Sieber, Michiko Shida for organizing this show, all the artists who exhibited their work, and the people who donated or bought the works.
2011.04.06 Wednesday

Exhibition "Art For Tomorrow" in Tokyo Wonder Site


Japan Art Donation / Tokyo Wonder Site presents

東日本大震災復興支援チャリティ展「Art for Tomorrow

 

Japan Art DonationJAD)は、今回の東日本大震災を受け、被災地の文化復興、現地でのワークショップ、ダンス、演劇、パフォーマンスの開催などアートを通じた被災者への活動を目的として設立されました。

皆さまからいただく寄付金はすべて被災地や被災者を対象とした芸術、文化、アートに関わる支援活動に充ててまいります。

 

このたびJapan Art Donationでは、Tokyo Wonder Siteとの共催によりチャリティ展覧会を開催する運びとなりました。

JADにご賛同いただいたアーティスト、ギャラリーのご協力により、作品の展示、販売をおこない、売上代金はすべてJapan Art Donationに寄付をさせていただきます。

 

また会期中には、アーティストの公開制作、ワークショップ、パフォーマンスなどを開催し、アーティストの真摯な態度と、このような状況にあっても創造を継続する意志に触れていただきたいと考えています。

 

現在、被災地区では行方不明者の捜索、避難所への物資供給などが集中的におこなわれています。

一方では、被災された方々の心のケアも今後必ず重要な課題となってきます。

その時にこそ芸術は人々の心を癒し、生活に活力を取り戻すことが出来ると信じています。

 

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

 

Japan Art Donation

発起人 窪田研二

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<展覧会概要>

Japan Art Donation / Tokyo Wonder Site presents

東日本大震災復興支援チャリティ展「Art for Tomorrow

会期 201149日(土)〜14日(木)(月曜日休館)

時間 11:0017:00

会場 トーキョーワンダーサイト渋谷

150-0041 東京都渋谷区神南 1-19-8

TEL: 03-3463-0603

入場無料

 

<主催>

Japan Art Donation、公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト

 

<協力>

island JAPAN co., Ltd、アラタニウラノ、ギャラリー・アートアンリミテッド、ギャラリー小柳、ギャラリー・ハシモト、GALLERY MoMo、ケンジタキギャラリー、SCAI THE BATHHOUSESNOW Contemporary、タカ・イシイギャラリー、たけだ美術、TARO NASUBLD GALLERYMisa Shin Gallery、無人島プロダクション、山本現代、ユカリアート・コンテンポラリー、ユミコ チバ アソシエイツ

 

<出品作家>

青木野枝、青木陵子、青山悟、秋吉風人、荒木経惟、ALIMO 飯沼英樹、池田光宏、磯邉一郎、稲垣智子、臼井良平、榎本耕一、遠藤一郎、大竹寛子、奥原しんこ、小野さおり、開発好明、笠原出、片山大輔、加藤泉、金氏徹平、亀井 佑子、鬼頭健吾、木村崇人、小泉明郎、高あみ、小柳裕、佐藤好彦、澤柳英行、ジャンボスズキ、ジュリアン・オピー、隊長檸檬 × HbG、鷹野隆大、高松明日香、竹村京、ChimPom、永島千裕、流麻二果、西野達、にしまつこうじ、原倫太郎、春木麻衣子、平子雄一、藤林悠、藤原彩人、フランシス真悟、松宮硝子、宮島達男、安田悠、柳原絵夢、山極満博、ユミソン、横川ヨコ、吉澤美香、吉野英理香

 

 

<公開制作>

青山悟、秋吉風人、榎本耕一

 

<ワークショップ>

4月9日() 11:30~12:20 14:30~15:30 (受付開始30分前) 各回20人(4歳以上12歳以下、保護者同伴)

 流麻二果 子供向けワークショップ「一時画伯:つむごう」

 この不穏な空気を強く感じているであろう子供達へ、思いっきり絵を描いて発散の場を!

410() 11:00-17:00(途中休憩あり)

 さとうりさ「ミニバルーン・ワークショップ」(仮称)

 アーティストが制作したミニバルーンに観客が絵を描くワークショップ。

 

<パフォーマンス>

49() 13:00-16:30 HITOTZUKI (KAMI+SASU)/ライブペインティング

410() 15:30-16:00 Nibroll/ダンス

412() 15:00-15:30 朗読(演出:矢内原美邦)/ 15:30-16:00 朗読(演出:宮沢章夫)

413() 15:00-15:30 朗読  (演出:高井浩子)/ 15:30-16:00朗読(企画 : 坂手洋二)


Art For Tomorrow DM


Powered by
30days Album